忍者ブログ
これは、東京在住の一介のオタク「たけぞう」の奮闘記録である。
ゲームの背景探索に興味のある方は巡礼記のページへどうぞ。
旧ブログはこちら

戯画 『リプキス』応援中! Us:track『恋×シンアイ彼女』応援中です。

[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
随分涼しくなりましたね。
今年は晩夏の頃に雨が多くて、残暑が比較的マシだったように思います。

さて、私にとって9月といえば、帰省の時期。
まあ、別に9月でなくてもいいんですが、8月は暑いし盆休みでどこも混みそうなので、毎年9月前半にとってますね。

で、帰省といえば、巡礼。
毎年どこか巡っていますね。
今回も、ネタを用意して関西に帰りました。

メインはALcot ハニカムの「茜色の境界線」(以下、かねせん)。
その他、ちょこちょこと他の作品を回ってきました。


9月5日、久々に夜行バスで関西に向かいます。
仕事の後、そのまま東京駅に向かい、晩御飯だけとって、夜中の22時半ごろまで待ち、そのまま乗車。
今回は、学生時代によく利用していたオリオンバスとは違うバス会社を利用したのですが、ちょっとハズレでした。まあ、詳しくは書きませんが、二度と利用しないでしょう。


9月6日、到着したのは、実家のある神戸ではなく、京都。
というのも――

ゆずソフト「千恋*万花」の商店街です。
神戸に直行しなかったのは、早朝の京都を撮影したかったという理由でした。


まあ、まだバスも動いていないような時間帯でしたので、京都駅から四条まで始発電車で移動してからは、ひたすら徒歩でした。
小雨が降ったり止んだりする中、2箇所目の二年坂を上り切ったところ。


更に進んで、二年坂から三年坂への道。
当たり前ですが、こんなに人を気にせずに撮れるのはこの時間帯ならでは。いつも観光客でごった返している場所で、自分しかいないっていうのが、新鮮な感じでした。


戻り際に二年坂上のポイントで茉子のCGも撮り直し。
とはいえ、朝はお店が開いてないのが辛いところ。

とりあえず、京都はこんなところで。
まあ、メインは昨夏に撮っていて、観光客が多くて上手く撮れていなかった箇所の撮り直しだけでしたので。
この後は、鴨川の周辺とか、京阪三条駅から八坂神社のあたりをブラブラと散歩して時間を潰し、お店が開き始めたら京都のお菓子を買って、あとは神戸の実家へ。
帰った後はシャワー浴びて爆睡。夜行バスではほとんど眠れなかったので……


9月7日。
雨です。
豪雨というほどではありませんでしたが、そこそこの大雨。
で、私としてはお家でゴロゴロしていようと思っていたのですが、両親の提案でお墓参り。
帰省のときはいつもバタバタしてるし、2年ぶりくらいかもしれんなぁ……


9月8日。
かねせんのメイン巡礼日。
というわけで、一日中市内を移動するので、神戸街めぐり1dayクーポンを買いに、某駅へ。
が、駅員室で訊いてみると「うちの駅では売ってないよ?」とのこと。出鼻をくじかれた……
しゃーなしに高速神戸駅で購入。ホントはその駅をゴールにするつもりだったので、予定と逆順で回ることに。


まずは、umieのモザイク。
確証はないのですが、作中の商店街のモデルではないかと考えています。他にもっと似てる商店街は思い当たらないので……
ちなみに、写真上の方が靄がかったみたいになっていますが、ミストシャワー的なアレです、アレ。


モザイクから駅の方に戻る途中、パラソルがあったのでパチリ。
「のーぶる☆わーくす」や「サノバウィッチ」に出てきたパラソルに似てる気がしたので……
写真はにしむら珈琲店のものですが、umieのノースモールとサウスモールの間にいくつか設置してありました。


地下鉄海岸線ハーバーランド駅から三宮・花時計前駅に向かい、そこからバスで山を上ります。
目指すは摩耶山、ということで、摩耶ケーブルに乗ります。25年間神戸に住んでましたが、摩耶ケーブルに乗るのは初めてかもしれません。
ちなみに、この摩耶ケーブル、往復で1540円かかるのですが、神戸街めぐり1dayクーポンに700円分ついてくる神戸街遊券を使えるので、実質840円で往復できます。


摩耶ケーブルで虹の駅まで上ります。
まだまだ中腹ですが、この景色。
ちなみに、この虹の駅のすぐ横に廃ホテルがあります。
摩耶観光ホテルという名前なのですが、廃墟マニアにとっては「マヤカン」という愛称で、かなり有名な廃墟らしく……
ただ、劣化が激しいので立ち入り禁止で監視カメラまでついており、セコムが警備してるとか……


摩耶ロープウェーを上り、星の駅へ。
ロープウェーの駅を出ると……


掬星台です。
中学だったか高校だったかの頃に、学校のイベントで来たことがあります。
星を掬うっていうネーミングがすごい好き。


で、この掬星台から大阪方面を望むとこんな感じ。
かねせんの高台の背景、遠景部分はこれをそのまま使っていると思います。特徴的な六甲アイランドが描かれていますしね。


ちなみに、パノラマモードで撮ると、こんな感じ。
しかし、ホントいい天気だなw この日を選んで正解でした。


で、六甲アイランドがあんな感じに見える展望エリアは、他にもなくはないでしょうが、この掬星台が聖地と判断したのは、この柵が理由。
作中のとは微妙に異なりますが、手前が板張りで、石を組み合わせた柱とそれを繋ぐ金属製のパイプによる柵がある展望台といえば、ここくらいではないかと。
ちなみに、作中で出てくる「手すりに南京錠を付けて」ってやつは、ここではなくビーナスブリッジがモデルになっているのでしょう。


ロープウェーは、20分間隔で運行しており、駅間の所用時間が5分ほどです。
つまり、到着してから15分以内に用事を済ませて折り返しの便に乗ることが可能です。
が、せっかく普段来ない場所まで来たのだからと、折り返しのロープウェーを見過ごし、駅併設の食堂でカツカレーを頂きました。そこそこ美味しかったですし、何より神戸の街を眺めながらの食事は気分が良かった。
さて、ロープウェー、ケーブルカーを下り、バスに乗りましたが、三宮方面までは戻らずに、途中下車。住宅街の中に、気になるエリアがあったからなのですが、残念ながらハズレ。
でもせっかくバスを降りたので、いつか行こうと思っていたUs:track「恋×シンアイ彼女」の喫茶店のモデルと思われるお店を訪ねました。
作中に背景としては出てこないのですが、公式tumblrにイメージイラストが載っており、そこからこのお店ということで特定された模様。
普通のお店ですし、一応モザイク入れときました。


諸事情により、そこからバスを利用するのは断念し、徒歩で新神戸駅へ。
会社の人らへのお土産を調達し、そのまま北野方面へ。
異人館の風見鶏を横に見られる、北野天満神社が目的地です。


ここはかねせんのタイトル画面のモデルと思われる階段があるのでした。
そこそこ上り下りする人も多い階段で、急ぎで撮ったのですが……
1枚目は後ろ過ぎるし、2枚目はカメラの位置が高過ぎるかな……



ここ撮りに来るの、何回目になるかなぁ、というくらいの場所ですがw
かねせんの主人公宅です。
モチーフになっている、という程度でしかなく、しかも既にサノバウィッチ巡礼で近いアングルで撮影しているので、撮りに行く必要はないかなとも思ったのですが、三宮方面へ戻る通り道にあるので、改めて撮っておくことにしました。
異人館街のスタバです。




学園のモデルは、市内の某大学。
1枚目は主人公の部屋にかかっている写真(絵?)。拡大すればわかると思いますが、そのまんまです。
2枚目は校門の背景、3枚目は中庭の背景っぽく撮ってみました。
時間帯にもよるのでしょうが、ほとんど人がいなくて、あまり怪しまれずに、存分に撮影できました。

あと1箇所、行けたら行きたいという場所があったのですが、時間の関係で翌日に持ち越し。
まあ、すぐに行ける場所なので。

帰宅後は、家族と夕食。
……まあ、あまり詳しくはお話しませんが、色々と思うところのある一夜でした。
前日まではあまり感じていませんでしたが、時間の経過とともに家族の状況も変わっていくということに、少しショックを受けた次第。
かといって、今の自分の生き方を変えないことに決めたので、ブレないように心に決めたという感じ。
なんか抽象的な話になってしまいましたw いや、詳しく話せもしないのにすみませんw


9月9日。
とりあえず午前のうちに、昨日撮り逃していたポイントへ。


生田神社です。
結婚式の準備中でした。某芸人Jと某女優Fの件もあるのに、ここで式を挙げるのって勇気要るような気がしますが、それでもやはり神戸の神前式といえば、この神社が最も有名でしょう。ちなみに、前日訪ねた北野天満神社も神前式が可能だそうで。


一旦帰宅して、今度は夜にもう一度訪ねてみました。
そもそも開門時間内に訪ねても、本殿の扉が開いているので、作中イラストのような写真は撮れないので。
しかし、逆に真っ暗で見辛くなってしまいました。



で、この日は、同人活動をしてた頃の相方と飲みに行こうという話をしていました。
諸事情により、三宮で合流し、聖地にも1箇所付き合ってもらうことになったのですが……
撮れないw
かねせんに出てくる、小さい方の喫茶店のモデルと思しきお店なのですが……
夜の8時半とかに来店しましたが、お客さんがいっぱい。
撮りたい写真を撮れるような状況に持ち込めませんでした。
で、妥協点が上の写真。
まあ、作中背景同様にカップがぶら下がっており、雰囲気の近いお店であることは察して頂けるでしょうかw
また、次回帰省時にリベンジしたいと思います。

さて、相方とは地元に戻って引き続き飲み。
駅近くの沖縄料理屋で深夜まで飲み食いし、近況などをお話し。
彼奴とこうして飲みに行くのは、自分にとっては、人生で最も楽しい時間のひとつ――って書くとそっちの気があるように思われちゃいそうですがw
でも、気を許せる相手と飲める時間はやっぱり貴重です。


9月10日。


今度は開門前の午前7時半ごろに訪ねたのですが、もう本殿の扉が開いていました。
もっと早い時間に行くしかないようですね……
ただ、冬場は日が昇るのは遅いので、こちらは1年後に最挑戦ですかね。

で、この日は野球見ながら、デレステしつつ、翌日の出立準備を進めました。
まあ特に語るような出来事は何もなく……

そして翌9月11日朝の新幹線で東京に戻りました。


今回は勤務先の所属部が変わったりして、ホントに休めるかどうか疑問だったので、あまり人と約束を取り付けられず、わりと暇な帰省になりました。

来年の帰省は、もっといろんな人と飲みに行きたいところ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
プロフィール
HN:
たけぞう
年齢:
29
性別:
男性
自己紹介:
東京在住。
東京ヤクルトスワローズと聖地巡礼とクレーンゲームを愛するSE見習い。
ついったー
応援中
ウグイスカグラ『水葬銀貨のイストリア』
しゅがてん!-sugarfull tempering-
ブログ内検索
メールはこちらまで
eternal_takezo☆infoseek.jp ↑「☆」を「@」に変えてください。
リンク
忍者ブログ [PR]