忍者ブログ
これは、東京在住の一介のオタク「たけぞう」の奮闘記録である。
ゲームの背景探索に興味のある方は巡礼記のページへどうぞ。
旧ブログはこちら

戯画 『リプキス』応援中! Us:track『恋×シンアイ彼女』応援中です。

[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16
前にお話したことがあるかもしれませんが、私は結構横浜が好きです。
観光地としても、住みたい街としても。
横浜市街は探検しがいのある街だなー、とななときの巡礼したときに思いましたし、もし都心から離れて住むことになるとしたら、あざみ野あたりがいいなぁ、とキスベルの巡礼したときに思いました。

今回も楽しく巡礼してきました。



今回の巡礼目的は、戯画の「君の瞳にヒットミー」。
横浜市内に到着し、まずは公園の背景に小さく描かれている横浜ランドマークタワーを近くから撮影してみました。
撮影場所は桜木町の駅前広場です。
まあ、これに関してはどこから撮るのが正解というわけでもなく、近くに別の聖地があったので、ついでに撮っておいた、という感じです。


で、その近くにある別の聖地がここ。
体験版をやった限りでは、通学路ではないけれど、少し道草食ったときの道というイメージでしたかね。
桜木町駅から西に進んだところ、汽車道と呼ばれる道です。


馬車道駅から元町・中華街駅までみなとみらい線に乗り、中華街のよくわかんないお店でお昼(美味しくなかった……)をとり、港の見える丘公園へ。
公園の背景の遠景部分です。
定番の展望台のあたりから撮影したのですが、ベイブリッジのケーブル(って言うんですかね?)を見ると、もう少し左から撮りたい感じなのですが、ここより左側には丁度いいポイントは無いんですよねぇ……
まあでもその手前の市営7~10号上屋はいい感じではないかと。


近景は、遠景とは向きが異なるので別撮りです。
実際は段差があって、噴水はありません。


噴水は展望台のあたりから南東に階段を下りて、花壇に囲まれたエリアにあります。


巡礼とは関係ありませんが、港の見える丘公園でイベントが開催中だったようで……
写真奥に見えているのは城壁を抜けてきた巨人とかではなく、普通の通行人です。横浜の洋館のミニチュアが展示されており、横浜の洋館の中で個人的になんとなく気に入っているベーリックホールを撮ってみました。


港の見える丘公園を後にし、今度は高いところに上ってみました。
横浜マリンタワーです。
土曜なのにあまり人がいません……横浜港を一望出来て、入場料もそんなに高くないのに、なんででしょうね? もうちょっと知名度高くてもいい気がします。
で、そのマリンタワーから臨むベイブリッジ。
今度は左右がバッチリなのに、見下ろすような感じになってしまっているのが微妙ですね……
30階の展望フロアに上るエレベーターの途中とかで撮らなきゃいけなかったんでしょうか……


ベイブリッジとは反対の方に目を向けると、ランドマークタワーが見えます。
作中のとバッチリ角度が一致してればいいのですが、ちょっと違うかな……


29階には展望施設の定番、見下ろせる穴がありました。
周りに人もいなかったので、覗く→ヒエッ→しばらくしてまた覗く→ヒエッ、って楽しんでました。



こんな感じで巡礼して、最後はハマスタで野球観戦。
この日は山田の先制ホームランが出て打線が勢いづいて、快勝。
中華街で晩御飯(おいしかった!)を食べた後、気分よく横浜を後にしました。

ちなみに、ホントはマリンタワー自体の写真も撮ろうと思っていたのですが、帰ってくるまですっかり忘れてしまっていました……
こちらはまた次の機会にでも。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あー…
イタリア庭園行かなかったんですね~
君あるの聖地ですよ( ´ ▽ ` )
NONAME 2017/05/07(Sun)09:14:15 編集
Re:無題
そうなんですか。
プレイしたことが無いので存じませんでしたが、みなとソフト系列は徹底して神奈川県なんですねぇ。
【2017/05/07 16:07】
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16
プロフィール
HN:
たけぞう
年齢:
29
性別:
男性
自己紹介:
東京在住。
東京ヤクルトスワローズと聖地巡礼とクレーンゲームを愛するSE見習い。
ついったー
応援中
ウグイスカグラ『水葬銀貨のイストリア』
しゅがてん!-sugarfull tempering-
ブログ内検索
メールはこちらまで
eternal_takezo☆infoseek.jp ↑「☆」を「@」に変えてください。
リンク
忍者ブログ [PR]